drill.org

解体工事業者はどんな仕事をしてくれるの?事例を交えて紹介

解体業者に頼める仕事

解体工事と聞いて、建物を壊すというイメージを持たれている方が多いでしょう。建物を解体することも、解体業者の仕事のひとつですが、他にさまざまな工事を行っています。ここから解体業者に頼める工事を紹介していきます。

解体工事の種類やよく起きる工事中のトラブルについて知ろう

工事現場

建築物解体

建築物にはさまざまなタイプがあります。建築構造に最適な解体方法で、建物を崩していきます。木造や鉄筋造の解体はもちろんのこと、とても丈夫な造りをしているRC造の解体にも対応しています。

内装解体

内装をリフォームする時に解体を行います。店舗用の物件だけでなく、一般住宅などにも対応しています。大規模な内装解体から一部の内装解体まで対応しているので、気軽に利用することができます。

外構解体

建物に関する解体工事だけでなく、外構部分の解体にも対応しています。外構部分の解体は、水道管などに気を付けながら作業を行う必要がありますが、これまで多くの経験がある解体業者なら安心して依頼できるでしょう。

解体付随業務

解体工事に付随する業務を行います。外構工事を行う時に、樹木の伐採や伐根が必要になった場合でも、機材を上手く活用して柔軟に対応します。また、建物を解体した時に出た不用品の処分にも対応しています。

トラブルに気を付けよう

名古屋や東京で解体工事を行う時は、注意が必要です。住宅が密集しているので、工事に伴う騒音などがトラブルに繋がってしまいます。ここから、トラブルになりやすい事例を紹介していくので、確認しておきましょう。

近隣住民とトラブルになりやすい原因3つ

no.1

解体工事に伴う騒音

解体工事では、コンクリートといったとても強固なものを壊す必要があります。なので、どうしても騒音を伴ってしまうのです。工事は基本的に日中に行われますが、その時間帯に家にいる方は迷惑に感じるでしょう。

no.2

粉塵やほこりが舞ってしまう

コンクリートを砕いたりしていると、どうしても粉塵やほこりが舞ってしまいます。対策をすることにより、最低限に被害を抑えることができますが、近所の方の洗濯物などを汚してしまうこともあります。業者にできる限り対策してもらいましょう。

no.3

解体工事業者のマナー

解体工事業者の中には、マナーの悪い人達が、少なからずいます。例えば、工事の休憩中に吸っていたタバコをポイ捨てするといったことがあります。こういう現場を見た近隣住民の方は、あまりよく思わないでしょう。

広告募集中